ホームの中の市民のみなさんへの中の今年の冬はあったか × 省エネで!(光熱費節約)

こんな困りごと、ありませんか?

  • 【冬】
  • 結露が発生する
  • 浴室が寒い
  • 窓際が寒い
  • 床が冷たい
  • 暖房しても部屋が暖まらない
  • 【夏】
  • 最上階が暑い
  • 西日が当たって暑い
  • 風が通らず熱がこまる
  • 外が涼しくなっても部屋が冷えない


		冷房や暖房の効率良い運転につながり、エネルギー使用量を減らすことが可能になります。
↑クリックすると大きくなります

冬の季節

外へ逃げていく熱
↑クリックすると大きくなります

暖房をしても部屋が暖まらない
外気に接する部分に断熱材を入れることによって、外気からの冷気の侵入を抑える。同時に、断熱窓や内窓のリフォームも効果的。
結露が発生する
結露対策には断熱リフォームが効果的。壁は、内部に隙間なく断熱材を。窓は、断熱窓や内窓に。「冷えにくい窓」にすることがポイント。
床が冷たい
床の断熱リフォームで冷気を遮断。床材(※)の張り替えと同時に断熱材を入れることによって、床下からの冷気の侵入を抑え、底冷えを防止。
※断熱性の高い床材…畳、じゅうたん、コルクタイルなど
窓際が寒い
断熱窓や内窓のリフォームで部屋の暖気を逃さない。断熱性の高いカーテンやスクリーンを取り付けて、空気の層を作るのも効果的。結露防止にも。

夏の季節

外へ逃げていく熱
↑クリックすると大きくなります

風が通らず、熱がこもる
風の入口と出口を作り、風の通り道を作る。風が通ることで室内の熱気を逃し、結露の改善にも。
外が涼しくなっても部屋が冷えない
外気に接する部分に断熱材を入れることによって、日中の外気からの熱の侵入を抑える。エアコンの冷房効率もアップ。
西日が当たって暑い
窓のリフォームが効果的。
遮熱性の高い窓や遮熱カーテンを取り付けることで窓からの日射を遮る。
最上階が暑い
屋根や天井に断熱材を入れたり、遮熱塗料を塗ることで屋根からの熱の侵入を防ぎ、最上階の室内を快適に。

省エネ住宅パンフレット

 
  
省エネ住宅パンフレット

・パンフレットのダウンロードは「こちら