ホームの中のエコな取組みの中の川口市立東中学校

エコな取組み

川口市立東中学校

dummy dummy

地域に愛される学校を目指して

 本校は、台地上に立地しています。この台地は洪積世に形成されたもので、縄文時代の海岸線にあたり、校区内には新郷貝塚があります。平野部には、かつて新郷古墳群があり、前方後円墳(高稲荷古墳)も存在したそうです。この地域が歴史的にも早くから開けていたことを示しています。江戸袋の獅子舞等特色ある伝統文化も根付いています。
 校地の南~東側は平野部に面して視界が開けており、スカイツリーも遠望できます。西~北側は台地につながっており、新郷自然の森や文化放送の鉄塔等があります。文化放送は市内でも桜の名所として有名で、一面が桜色に染まる様は、一見の価値があります。 校内にも豊かな自然を見ることができます。今年も彼岸花があちらこちらで花をさかせていました。卒業式の頃になると寒緋桜が校地を彩ります。
 東中の一番の自慢は生徒です。
昨年度から、「東中奉仕活動の日」を設け、生徒会が中心となり全校生による学校内外の清掃活動がはじまりました。日頃の感謝の気持ちを行動に表そうとするものです。
 来年度は、創立70周年を迎えます。これまで以上に地域から誇りに思っていただける学校を目指していきたいと思っています。
(校長 中山 明広)

*「かわぐちエコ散歩」2015年10月号より

連絡先

住所
川口市東本郷2-20-47
電話
048-281-4065