ホームの中のエコな取組みの中の川口市立北中学校

エコな取組み

川口市立北中学校

dummy dummy

校歌にある「一校一家」の精神で

 江戸中期、徳川吉宗の新田開発によってつくられた「見沼たんぼ」の南側に位置し、自然豊かな道合の地にそびえ立つ学び舎。ここが、川口市立北中学校です。周辺を緑に囲まれ、幼稚園、小学校、高等学校、大学、スポーツセンターや病院があり、とても恵まれた地域環境の中心に本校が立地しております。

本校の自慢を3つ紹介いたします。
 1つ目は、今年「開校70周年」を迎える歴史と伝統です。昭和22年、当時の北国民学校から「川口市立北中学校」へと改称し、現在の根岸小学校の地で本校はスタートします。
 2つ目は、受け継がれる精神です。実は本校校歌は県内の新制中学校の中で最も古く、歌詞にある「一校一家」の精神で保護者・地域の方々の協力の下、教職員一同、温かい雰囲気で教育活動を展開しております。
 3つ目は、この環境下で育まれている生徒と教職員の人間関係です。朝の挨拶運動から下校するまで、笑顔の絶えない学校というのは本当にありがたいものと感謝しております。

今後とも、地域に根ざす「おらが学校」として次の10年、やがて100周年へと躍進し続ける学校づくりを目指してまいりたいと存じます。


(校長 瀧沢 靖雄)

*「かわぐちエコ散歩」2016年1月号より

連絡先

住所
川口市道合364-2
電話
048-295-1008