ホームの中のエコな取組み の中の食品ロス削減検討チーム川口

エコな取組み

食品ロス削減検討チーム川口

 

dummy dummy

 


 食品ロス削減検討チーム川口は、市議や川口銀座商店街振興組合理事長、県庁職員など有志が集うチームです。2015年7月から毎月定例会を開催し、食品ロスを減らす活動を継続しています。
 市内のパン屋でパンの耳を捨てているのでもったいない、というところから活動を始めました。2016年6月には地元商店街に拠点となってもらい、家庭の余剰食品を集めて必要な施設へ届ける「フードドライブ」を行ないました。これまで集めた余剰食料は約1トンです(2017年4月現在)。

 学習支援施設を展開する彩の国子ども若者支援ネットワーク川口センターなどへ届けてきました。2016年10月には川口市市民活動助成事業として「世界食料デー記念 第一回食品ロス削減シンポジウム」を開催しました。市長にもご登壇頂き、市民だけでなく北海道から鹿児島まで、全国から120名が集まりました。2016年発表の川口市地球温暖化対策実行計画案や2017年発表の川口市食育推進計画(第二次)には、パブリックコメントを通して食品ロス削減の提言を行い、計画に入れて頂きました。2017年は、6月の環境報告会でのフードドライブや、世界食料月間の10月に食品ロスをテーマにした映画『0円キッチン』上映会を企画しています。

(会 長  井出 留美)



*「かわぐちエコ散歩」2017年5月号より