ホームの中のエコな取組みの中のみんなの家のエコアイデア【子どもの声編】

みんなの家のエコアイデア

子どもの声編(2017年)

鳩ヶ谷小4年(2017年)子どもの声
「ぼくはエアコンもあまりつけないし、でんきの消しわすれがあると気付いてすぐ消します。「せつでん王子」とよばれています。」

芝西小6年(2017年)子どもの声
「私たちは普段気づかないうちに沢山の二酸化炭素を排出していることがわかりました。これからも環境に気を配りながら生活していきたいです。」

舟戸小5年(2017年)子どもの声
「ビニールぶくろをお店でもらっている人が多かったので、わたしはエコバックをなるべくつかうようにしました。」

差間小1年(2017年)子どもの声
「おかしをたべたらごはんがたべられなくなるので、たべないようにくふうをしました。てをあらったらはやくじゃぐちをしめるようにくふうをしました。キャンプで水のたいせつさをしりました。」

神根東小6年(2017年)子どもの声
「ふだんあまり意識していなかったけど、少しがんばることで環境にいいんだなと思ったのでこれからもがんばります。私が工夫したことは誰もいない部屋の明かりを消す時に家族に「電気消した?」と聞いたりして確認しました。」

本町小1年(2017年)子どもの声
「わたしはちきゅうがすきです。むかしのきになるぎもんは、すぐきいていました。きょうりゅうとかひとのせいかつとかきになることがまだまだおおくあります。そんなちきゅうがなくなるなんておもってませんでした。そんなのいやです。「なんとかじぶんのちからでまもろう!」」

戸塚小4年(2017年)子どもの声
イラスト戸塚小4年

慈林小2年(2017年)子どもの声
イラスト慈林小2年

十二月田小1年(2017年)子どもの声
イラスト十二月田小1年

朝日西小4年(2017年)子どもの声
イラスト朝日西小4年

本町小2年(2017年)子どもの声
イラスト本町小2年

木曽呂小3年(2017年)子どもの声
イラスト木曽呂小3年